blog

2018/10/05 23:00

Hayashi 社長が

お越しになりました。

写真は自分です笑



http://blog.hayashi-int.shop-pro.jp/


そして

フェイスブックと

ブログに

載せていただきました。

サーフショップのブログは

良くも悪くも影響を受けるので

全く見ない自分なのですが、

業者様のブロブはいつも拝見させていただいてます。


Hayashi.int


Hayashiさんのブログは

行ったことのある

全国の海や

行ったことのない地域など

とても楽しく拝見してます。

冒険心とお書きになっておられますが

男子は、

男性は、

いや、おっさんは、笑

子供ごごろと呼びますか

冒険とか探検とか

まあ大なり小なり好きですよね。

そこを、くすぐられるブログです。

サーフィンと旅はセットなので。

SSSプラス級なローカルポイントは

流石に載せられていませんが

まあなんとなくそれらも感じます。


例えば

あの山のあの木にはオオクワガタがいるとか

自分だけの秘密の釣りポイントとか

秘密基地とか。

ワクワクします。



この前、Tさんの愛車、

BOSEのスピーカーを観せてもらった時に

開閉のサンルーフ付けたけど

実際はぜんぜん使わないと言われてましたが

もう正にそれ。


いわゆる男のロマン。



今日は

ボードリペアをお願いしていて

持ってきてくれました。

有難うございます。


センターフィンのリペアを

Hayashi.int

さんにお願いしました。

この板、自分が塗ったんですけど、

絵を描いたり

塗ったり

割と得意なんですけど、

出した時より色も境目も

かっこよくなって戻ってきました笑

再生以上。



サーフボードは壊れます。

壊れない板は100%ないですが、

壊れにくい板は存在します。

壊れにくい物や

数が少ない物は

一旦、壊れると

直すのが高いのは

世の常です笑


この板は普通の板と呼んでいいのか

PUの板ですから

普通のリペア料金です。



サーフボードリペアは

リペアキット4,000円とか

樹脂やクロス、サンドペーパーや工具など揃えて、

手がベトベトになって

割に合わないのです。

サーフショップ側と

ただのいちサーファーと

両方の思いや考え方で。


サーフボードリペア。

サーフショップへ出すと

高いように感じる方は

多いとお思います。

これは直す側からも、そうで、

手間や時間を考えると

そんなに利益にならないんです。

それは工程があるので。


作る側と使う側。

お互いさまな関係ですが

作り手がいないと

そもそも物がないので、

物を生み出す人、

作り出す人、

再生する人

貴重だと思います。


余分かもですけど

人間も再生できれば

病気が治りますけど、

分子レベルだと

サーフボードも

人間も

特別なものではなく

地球にある

同じ物でできていますから

そのうち、治らない病気が

なくなる時代や

人間を作れる未来が

やってくるんでしょうかね。


人間の構造はわかってんでしょうけど

細胞は

どうしようもない気がしますけど。

それ自体が動いてるんだから

それも生命です。

まあでも寿命は明らかに伸びてますね。