blog

2018/08/22 11:00

おかげさまで

お休みをいただき

風邪も治ってきました。

たくさんの方々から

ご連絡をいただきました。

有難うございます。

意外とこのブログを

観てくれてるのも

初めて気が付きました。

有難うございます。

8月の海

ずっと台風ウネリが届いてますが

もう動けますので

スクールのご予約ください。


ご迷惑をおかけしました。

体調管理、気を付けます。


ただ今夏は異常に暑かったです。

海水温も一時、異常なほど上がりました。

相摸湾ですので溜まりやすいのですが

現在は台風ウネリで流れ

一時よりは少し海水温も下がってます。



先週ですが、

当クラブのサーフィンスクールの

メニューの一つの

ボートサーフィンに

女性のスクール生さんお二方と

ライダーさんと行ってきました。

自分、体調が悪く

申し訳なかったですが、

スクールの方お二人は

初サーフィンから

4、5回目で

見事に乗りました。

ボートサーフィンも難しいもので

早々に乗れるものではないのですが

急速な上達です。

そのお二人のサーフ頻度は月2のペースくらいですが

来ていただいた時は

2、3時間で30本は乗って楽しんで貰っています。

次は30日だったと思いますが

補助も外れてきた状況で

そろそろテール、フィンで

板のコントロールを練習します。



動画はボートで

敢えて初めてのバックサイド1本目の

ライダーさんです。

昔話しですが

第二で初めてサーフィンし

S2&Co.と同じく第二がホームです。

プロではないですし

お若い頃から

その気も全くない彼ですが

全く遜色は無いです。

海ではフィンが抜けますが、

ボートで初めての1本目でこれだけ動けると

5、6ラウンドして慣れると

どうなるんだろうと

観て言いましたが、

参考になると思います。

なかなかこうは乗れないです。



あくまでも

私の一個人の考えでしかないのですが、

偏っているかもですが、

サーフィンは板に乗りそしてそれを操る人がいて。

人だけでもサーフィンはできないです。

板があっても人が使わないとできませんし。


要するに

板と人は深い関係にある

ファクターです。

波もなければできませんので

それもファクター。


人、波、板。


15万円のサーフボードを使えば

15万円のサーフィンができるのか

となればそこは相関していなく。

所有する嬉さはあるとは思いますが。



サーフィンにおいては、

人は健康であればどうにかなります。

板も選ぶのは人ですからこれもどうにかなります。


(自然)はどうにもならないですが、

その日に乗る波を選ぶのは人ですから

そのような意味では、どうにかなります。

届く波、全部乗る訳ではないので、

選択権は人にあります。



海沿いに住んで波があれば入れるように

職やなんやを整備して

サーフィンを軸に生活してる方で

年間100日入れる環境の方は

それ相応の陸上生活を犠牲にしている訳で。

犠牲と思うかはどうかは当人次第ですけど。


しかしそのような方ばかりでは無く

大半の方々が月に1、2回。

年間通してみればそのくらいな回数です。

サーフィンにあてた折角のお休みの日時間。

確立的に良い波の日に当たるのは稀です。

ポイント移動などで緩和はできます。

波情報サイトに載っているポイントだけでもなく

そこには経験や生の情報が必要です。

向かった先のポイントに100人サーファーが

いれば波も乗れないでしょうけど

海で立ち回り次第では乗りまくれます。

経験が必要です。

技術も。



例えで

1本15万円の板と書きましたが

独学で

量販店やネットで

フィットしているのかいないのか

板やウェットを購入し、

ハイウェイ料金払って

ガソリン使って

駐車場払って

一日潰して

1本も乗れず帰宅。

珍しいことでは無いんです。

みんなそうですとまで言うと乱暴になりますが、

サーフィンは

大半の方がそうだと思います。




S2&Co.のスクールは

そこではなく、

独り立ちしていただけるよう引き上げます。

月に1、2回のサーフィンで充分です。

もちろん独り立ちされても

ご一緒にサーフィンし

楽しさを共有したいですし

クラブ員の方々が頑張ってくだされば

時間的に新たに新規のスクールができます。

個々のマイペースが大前提にあっての話ですから

日常生活に支障をきたさない範囲内で。



ただし、

一つのことに夢中になってみるのも良いものですし

続けていると、

個々に何かはわかりませんが


何かが観えてくると思います。