blog

2018/05/31 20:00

砂はあるけど
ウネリがない。
ももブレイクくらいの西うねり
が届けば三角波な気配なんですけど、
まあね。


2回目
パドルフォームもよくなってきましたね




 ほんとに仲の良いお二人です。


今日は7'0のスポンジと
敢えて6'6のショートスポンジを使用して
トレーニングしました。

サーフィンは
初心者、初級者、中級者
関わらず
いろいろな波でやること
いろいろな板でやること
これは非常に大切です。
経験を上げることです。
サーフィンは続ける才能が全て。
続けることが一番の上達です。
板もそう。
いろいろと乗るべきです。
まずは基準板が必要です。
基準がないと比べようがないので。
基準板はいたってバランスの良い板を。
しかし、それがなかなかありません。
が、自分は知っています。
あのモデルこのモデル。


6'6は
前脚が出ない。
後ろ膝がつき手も離れない。

7'0は写真のように
つま先がかかるので
立ちやすい。
反面、
ノーズ、エントリーロッカーがないので
上体を反らないと刺さる。
立ち上がった時、
女性はスタンス幅が狭い方が多いので
テール乗りの失速。
まあ珍しくもなく
よくある症状、問題なし。

硬い板で程よい板はあるのですが
当たると怪我の恐れから
まずはスポンジで海慣れからです。


サーフィン始めたばかりの方の
まずの壁ですが、
まあ超え方はわかるので全く問題なしです。

おうちに
課題を持って帰っていただきました。

4時間やりました。
最後の締めに3人で
沖合までパドル笑
引張って帰ってきました笑
沖で海底まで潜って砂を掴んで
みましたが3.5~4mくらいかな。
意外と浅いんですよね。
ホームのアウト。


また次回。