blog

2018/04/26 22:00

まだサーフィン5ヶ月目。

彼は横に走り出しています。

順調です。

自分がみている限り

彼にはまだ壁が来ていないように

感じます。

彼なりに

おもうところ

気になるところ

感じるもの

考えること

があるのでしょう。


仕事帰りに先程まで

先週土曜の動画を見せてと

クラブハウスに

寄って話しをしていました。


ホームはこんな波ばっかですが、


波は全て違いますが

このテイクオフは

赤丸を睨みつけて。


それと同時に

目線は

前乗り防止にもつながります。


そして

2枚目の写真の時には

遅くとも立ち上がっておくように。

3枚目は完全に板が走ってますので

ここから立つと

この波では

波に捕まる。

のと

ラインが下がるので

一発、踏み上げないと

いけないのと、

初速からスピードUPしている状態ですから

体が板に引っ張られ立ちにくいです。


彼はグーフィーフッターですが

書くとキリがないですが

まだまだありますが、

まあ現段階は全く問題なし。

順調そのもの。



動画でみれば

わかりますが

ボトムターンをするような

波ではないです。

ただのワイドブレイクです。

写真ではショルダーがありますが。


ハイラインをおもっきし

突っ走って

赤丸でアクションです。


波は岸に向いて届いています。

動いていますので。

まずは赤丸まで届けば良いです。

それには全ての動作が遅い。

滑り出しを脳で認識してからだと

ショートボードでは遅いです。

反射で。



横に走りたい。

スクールしてて

よく耳にします。



目標地点がないと

目がけていく地点がないと

届かないので

横に走るには

目的地点を作ることです。

それは

それぞれの波で。


目指す地点がないと

そこには届かないです。


うちのスクールでは

その地点を徐々に伸ばしています。

それはサーフィンはスピードありき

抵抗もありき

なことなどに

に気付くことにもつながります。


事故を起こさないように

車の運転、飛ばしてください。

みたいなものでして。


怪我をしないように

突っ込んでください。

突っ走ってください。

ダンパー波は鍛えられます。

芋を引かず突っ込むのみ。

まあそのような感じです。


写真残すのと同じで

波に潰されるのわかってて

その瞬間を切り取られるのみです。